語りませ主よ

 1.語りませ主よ しもべは聞く
   みことば給え よろこびゆかん
   嵐の日にも 連れもどりて
   ながなぐさめに われいこえり
   語りませ主よ 愛のことば
   くだけし心 いかしいだき
   み足のもとに ひれふし聞く
   語りませ主よ さらばやすし


 2.繁きこの世の いざないにも
   迷うことなく 助けいだし
   なれのみわれの 義となりたもう
   ながそばにては 重荷かろし
   語りませ主よ 愛のことば
   くだけし心 いかしいだき
   み足のもとに ひれふし聞く
   語りませ主よ さらばやすし


 3.人に従い うらぎられて
   悲しみのとき われさとりぬ
   火の試みも いばらの道も
   耐えせしめるは 信仰のみ
   語りませ主よ 愛のことば
   くだけし心 いかしいだき
   み足のもとに ひれふし聞く
   語りませ主よ さらばやすし


    
e0373488_12452219.jpg

        主人が手術を終えて9日目
        ほとんど日常の生活に戻りました
        傷跡も順調に回復しているようで
        まずは一安心です
    
        健康で病院通いもなく 薬も飲まずに
        毎日元気で過ごすことができれば一番ですが
        加齢と共に どこかに支障が出てきますね
        「年を取るって こういうことなのね」って
        改めて感じるこの頃です^^

        先日 教会でも皆さんにちょっとお話したのですが
        全国に「道の駅」って沢山ありますよね
        ここ山口県にも 22か所にあるのですが
        さすがに地元でも まだ数か所しか行っていません

        が、なんと 
        山口県に全国で一番人気の「道の駅」があるそうです!
        知らなかったです
        本州の一番端っこ 下関に近いところですが
        名前は 「北浦街道 豊北(きたうらかいどう ほうほく)
        日本で一番人気の道の駅が わが県にあったとは驚きです
        もちろん まだ行ったことはありません
        ネットで見ると海を眺める景色の素晴らしいこと
        レストランのメニューも 海の幸であふれ美味しそう!
        遠くに コマーシャルで有名になった
        「角島大橋」(つのしまおおはし)も見えるそうです
        
        皆さん どうぞ おいでませ山口へ
        その人気の秘密がどこにあるのか
        我が家もいつか落ち着いたら
        ぜひ一度 出かけてみようと思います♪
        
   


# by sdachurch | 2019-02-20 13:06 | 友よ歌おう | Comments(0)

梅の花がきれいですね♪

  今日から 主人が手術のため入院しました 
  小さな外科の手術ですが
  それでも この日のために準備も色々大変(笑)
  今朝も早くから行って 長く待たされました
  また落ち着いたら ブログ再開しますね♪

        我が家の庭の水仙です♪

e0373488_12234440.jpg



# by sdachurch | 2019-02-12 12:25 | 日々 | Comments(0)

讃美歌238番


 1.疲れたる者よ 我にきたり
   重荷をおろして とく休めと
   まねけるみ声に 従いゆき
   やすけきいこいを うる嬉しさ


 2.渇きたる者よ わがあたうる
   いのちの清水を きたり飲めと
   まねけるみ声に 従いゆき
   救いのいずみを くむ嬉しさ


 3.暗きに住む者 我のてらす
   まことの光を あおぎ見よと
   まねけるみ声に 従いゆき
   み神のまさみち ふむ嬉しさ


    「祭りの終わりの大事な日に、イエスは立って、
     叫んで言われた、
     『だれでもかわく者は、
      わたしのところにきて飲むがよい』。」
        ヨハネによる福音書 7章37節


      前回は 外郎の話を書きましたが
      私が作ったものがあまりにひどかったのを見かねて(笑)
      主人が ネットで別のレシピを探し
      「僕が作ってみるから!」と言って
      米粉にくず粉を混ぜて作ってくれました

      そりゃあ くず粉を混ぜたら プルプルの柔らかさよね
      それに イチヂクジャムまで入れたので
      確かに美味しく出来上がりました^^
      これで私は「ういろう作り」から解放されるか・・・?
      でも実際は 毎日これを食べると飽きてきます
      時々だからいいのです♪


e0373488_15411061.jpg


      お正月に 黒豆を煮ました
      私は これが大好物なのですが
      最近は 一年に一度 正月にしか作らなくなりました
      圧力鍋で煮るのですが 主人が「少し固めかな?」と・・・
      それで 今回 もう一度煮てみました
      豆は 丹波の黒豆Lサイズです

      今回は 以前より少し時間を長くしたら
      柔らかく モチモチっとした触感で
      主人も お正月の時より美味しい!と言ってくれました
      「やった!」(笑)
      子どもの頃に黒豆を食べると 頭が良くなる、と
      聞かされてきましたが すでに手遅れ・・・
      ただ 手作りを楽しんで味わうことが至福のひとときです♪

e0373488_16255934.jpg

      

# by sdachurch | 2019-02-08 16:29 | 日基讃美歌 | Comments(0)

五つのパン

  1.五つのパンと 二匹のさかな
    ひとりの少年 ささげました
    イエスさまそれを みんなにわけて
    5000のひとが 満たされました


  2.ささげるものは すくなくっても
    イエスさまのみ手に おわたしすれば
    そのまごころは 祝福されて
    多くのひとが 満たされるでしょう


  3.ほんのすこしの おかえしですが
    感謝とともに おささげします
    かぞえきれない おめぐみいっぱい
    イエスさまいつも いつもありがとう


     「それから、イエスは五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、
      天を仰いでそれを祝福し、パンをさき、弟子たちにわたして
      配らせ、また二ひきの魚もみんなにおわけになった。
      みんなの者は食べて満腹した。」
          マルコによる福音書 6章41、42節


       聖書の中に出てくる有名なお話で
       イエスさまが5つのパンと2匹の魚で
       5000人を養われたという奇跡
       それを曲にした歌です
       わたしたちは どんなに貧しくても
       神さまを心から信じておゆだねしていれば
       決して 飢えることはないと
       聖書の中で約束しておられます
       本当に感謝ですね

       いただいたお米を粉にしてくださる
       精米所を 最近見つけたのでお願いしました
       沢山の粉ができたので 米粉パンに挑戦!
       でも 何とか形にはなったけれど
       あまり沢山は食べられない・・・
       それで思いついたのが「ういろう」です
       ネットでレシピを探したら
       粉・砂糖・塩・水を混ぜて蒸すだけ
       簡単なので早速作ってみました

       レシピどおりにやってみたつもりですが
       表面が「液状化」のようにドロドロ・・・
       中はういろうなのですが 見た目がイマイチ・・・
       味は美味しいけれど う~ん・・・
       それで 他のレシピもチェック
       もう一度挑戦してみます^^

       「あんこ」や 甘いものが苦手なわたしが
       この年で スイーツを手作りなんて
       想像もしなかったけれど
       山のような米粉を見ながら
       今は 色々試してみようと思っています
       「草加せんべい」のようなおかきが好きなので
       それも一度作ってみたい!
       自宅で過ごす時間が多くなったので
       家事の合間の気分転換
       楽しみができました♪


e0373488_17250312.jpg

# by sdachurch | 2019-02-05 17:26 | 友よ歌おう | Comments(2)

むねのおくに

 1.胸のおくにひそむ 罪と汚れに
   ひとしれず悩むは たれぞたれぞ
   すがれイエスに イエスの愛に
   こころは平和と 喜びにみちん


 2.重き荷をにないて ながき旅路を
   望みなくたどるは たれぞたれぞ
   すがれイエスに イエスの愛に
   こころは平和と 喜びにみちん


 3.まぼろしをえがきて ついに得られず
   こころ日々すさぶは たれぞたれぞ
   すがれイエスに イエスの愛に
   こころは平和と 喜びにみちん


 4.とこしなえの光 わずか見うるに
   頼りまつるこころ なぜ起こさぬ
   すがれイエスに イエスの愛に
   こころは平和と 喜びにみちん

   
    「神は あなたがたをかえりみて下さるのであるから、
     自分の思いわずらいを、いっさい神にゆだねるがよい。
         ペテロ第一の手紙 5章7節


      週2回 義母の病院に通っていますが
      週2回 お風呂の日があり
      車椅子のまま 入浴させてくださるそうです
      ベッド上でも 尿漏れが多くて
      洗濯用バケツの中は 
      着替えた衣類と タオルやラバーシーツなど
      沢山の洗濯物でギッシリ
      一度に3~4枚のバスタオルも・・・
      帰宅して すぐに洗濯をするのですが
      天気の悪い日や寒い日は
      なかなか渇いてくれません(我が家には乾燥機は無し)
      早く暖かくなって欲しいですね
      日がさして暖かくなるとホッとします^^

      でも 寒い時だからこそ有難い!ということもありますね
      それは 「切干ダイコン」
      今は 大根がとても安いので 極太のものを2本
      買ってきて切り 干してみました
      あんなに沢山あったのに・・・というほどの量が
      乾燥して少なくなってしまったけれど 出来ました
      ちょうど 昨日お邪魔した友だちも
      沢山作って干していたので 偶然にびっくり!
      友達は その切干大根をヨーグルトに入れておくとか・・・
      へえ~ そんなこと考えたこともなかったですが
      それがとても美味しくてハマっているそうです^^
      自分の固定観念だけでなく 他の人の料理法も
      聞いてみるものですね
      皆さんはいかがですか?
      美味しい料理法があったら ぜひ教えてくださいね♪

e0373488_16264777.jpg


# by sdachurch | 2019-02-01 16:30 | 契約の虹 | Comments(2)

讃美歌503番


  1.はるのあした なつのまひる
    あきのゆうべ ふゆの夜も
    いそしみまく みちのたねの
    垂穂(たりほ)となる 時きたらん
    刈りいるる 日はちかし
    よろこび待て そのたりほ
    かりいるる 日はちかし
    よろこび待て そのたりほ


  2.みそらかすむ のどけき日も
    木枯らし吹く さむき夜も
    いそしみまく みちのたねの
    たりほとなる 時きたらん
    かりいるる 日はちかし
    よろこび待て そのたりほ
    かりいるる 日はちかし
    よろこび待て そのたりほ


  3.憂さつらさも 身にいとわで
    みちのために たねをまけ
    ついにみのる そのたりほを
    神はめでて みそなわさん
    かりいるる 日はちかし
    よろこび待て そのたりほ
    かりいるる  日はちかし
    よろこび待て そのたりほ


     「種を携え、涙を流して出て行く者は、
      束を携え、喜びの声をあげて
      帰ってくるであろう。」
         詩編 126篇6節


       先日の礼拝日、午後みんなで讃美歌を歌いました
       各自が好きな讃美歌をリクエストして
       楽しく歌うことができました
       フィリピン青年の一人が この曲を希望しました
       家庭礼拝で よくこの曲を歌う、ということでした
       歌詞を見ると 労働歌のように思えますが
       この労働は もちろん「伝道」の働きの労働ですね
       フィリピンのクリスチャン家庭で
       この曲がよく歌われ
       家族みんなが 伝道精神を養われるというのは
       素晴らしい教育だと思いました

       寒い日が続いていますが お変わりなくお過ごしでしょうか
       インフルエンザが大流行・・・といううわさが流れています
       皆さまも気をつけて どうぞ温かくしてお過ごしくださいね

       以前にも書きましたが 我が家はずっと
       人参ジュースを飲んで 体力維持に努めています
       人参だけでもとても美味しいジュースが出来るので
       飲むのがとても楽しみですが
       ジューサーだと ジュースより絞りカスの方が多いです
       この絞りカスを「ファイバー」というそうですが
       これがまた 「ファイバーレシピ」本もあるほど
       色々な料理に使えると紹介されています

       我が家は 初めは人参ケーキを作っていましたが
       それ以外には 味噌汁や煮物にも入れていました
       最近はギョーザにも入れて美味しかったです^^
       でも 私が一番気に入っているのは 炒り豆腐風なもの
       主人が作ると かなり豆腐が崩れて
       ふりかけみたいになってしまうのですが
       私は これをご飯の上にのせて
       「人参どんぶり」と名づけて食べています
       中に エリンギとブロッコリーも入っています
       これさえあれば 毎食でも他におかず無しでOK!
       ビビンバ用の大きめの器に
       この人参とチリメンジャコの佃煮、キムチを入れて
       ビビンバのように混ぜて食べます すごく美味しい!

       もちろん 他にも気をつけていることはあるのですが
       この人参を沢山食べるようになってから
       風邪を引かなくなったような気がします
       ジュースの量は少ないですが
       食べきれないほどのファイバーを友だちにも分けて
       皆さん色々活用されて喜ばれています
       皆さんも一度試してみませんか
       料理法は 人参チャンプルー的な感じですよ♪

e0373488_12514765.jpg
       
       


# by sdachurch | 2019-01-28 12:48 | 日基讃美歌 | Comments(0)

讃美歌333番

 1.主よわれをば とらえたまえ
   さらばわが霊は 解き放たれん
   わがやいばを くだきたまえ
   さらばわが仇に うち勝つをえん


 2.わがこころは さだかならず
   吹く風のごとく たえずかわる
   主よみてもて ひかせたまえ
   さらば直きみち ふみゆくをえん


 3.わがちからは よわく乏し
   暗きにさまよい 道になやむ
   あまつ風を おくりたまえ
   さらば愛の火は 内にぞ燃えん


 4.わがすべては 主のものなり
   主はわがよろこび また幸なり
   主よみたまを 満たしたまえ
   さらばとこしえの 安きをうけん


    「わたしがすでにそれを得たとか、
     すでに完全な者になっているとか言うのではなく、
     ただ捕えようとして追い求めているのである。
     そうするのは、キリスト・イエスによって
     捕えられているからである。」
          ピリピ人への手紙 3章12節


     私はクリスチャン家庭に生まれました
     母のおなかにいる時から 毎週家族で教会に通い
     18才でバプテスマ(洗礼)を受けてからも
     真面目?(笑)に教会に行き続けました

     子どもの頃に色々反発はあったものの
     両親が亡くなった今は特に
     信仰に導いてくれたことを心から感謝する日々です

     初めて 父が私に讃美歌を買ってくれたのが
     昭和38年 何才だったか覚えていないけれど
     嬉しくて 表紙に刺繍をして大切にしました

     初めて聖書を買ってくれたのは 昭和45年
     革表紙の高いものを 一生使う宝だからと
     子どものために奮発してくれました
     そこには 父が
     「生涯を 主イエスに捧げる祈りを持て・・・」
     と 書いてくれた言葉があります
     もうボロボロになってちぎれてしまったページもありますが
     本当に 私の宝物になっています

     その横には 私の尊敬する牧師の言葉も並んでいます
     「あなたの道を主にゆだねよ。
      主に信頼せよ。
      主はそれをなしとげ」 詩編37篇5節

     私の信仰を 時には厳しく 時には優しく
     導き 励まし 助けてくださった周りの人々のおかげで
     今の私があることを 本当に感謝しています♪

              ※ 写真の花:デンマークカクタス


e0373488_17351126.jpg

# by sdachurch | 2019-01-23 17:36 | 日基讃美歌 | Comments(0)

かみなく望みなく

  1.神なく望みなく さまよいしわれも
    救われて主をほむる 身とはせられたり
    われ知るかつては 目しいなりしが
    目あきとなり神をほむ いまはかくも


  2.かつては罪のため 心はくもりて
    迷いしがいまは目も またくひらきたり
    われ知るかつては 目しいなりしが
    目あきとなり神をほむ いまはかくも


  3.さかえの君にます 主はわれにとりて
    わが誇りわが望み またわがすべてぞ
    われ知るかつては 目しいなりしが
    目あきとなり神をほむ いまはかくも


  4.なさばやこのいちじ あとのもの忘れ
    さきのもの望みつつ 勝利をうるまで
    われ知るかつては 目しいなりしが
    目あきとなり神をほむ いまはかくも


     「すると彼は言った、『あのかたが罪人であるかどうか、
      わたしは知りません。ただ一つのことだけは
      知っています。わたしは盲人であったが、
      今は見えるということです』」
         ヨハネによる福音書 9章25節


      一年で一番寒い時期ですが
      暖かい日と寒い日が日替わりで訪れるような毎日ですね
      インフルエンザが流行しているとか聞きますが
      皆さまはお変わりなくお過ごしでしょうか。
      私はおかげさまで元気でいられることに感謝です

      一昨年の秋ごろに 思いついてマフラーを編み始めたのですが
      年を越し 昨年の冬も完成しないまま・・・
      年末に出してはみたものの取り掛かる暇もなく、で
      袋に入ったまま今年の冬も終わってしまいそう(笑)
      もともと気分転換で始めたことではあるのですが
      ゆっくり編み物を・・・なんて気分になれないほど
      なぜか雑用に追われている毎日です
      もう少し一日の時間の使い方にリズムをつけたい!
      なんて思っているのですが・・・

      少し時間ができたかな?と思うと
      最近漬物にハマっている主人が
      「白菜漬けるから切って干してきて!」とか
      「キャベツ漬けるから切って桶に入れて!」などなど
      重いものを持てない「色男」なので(笑)
      力仕事や下ごしらえ、後片付けなど
      すべて私がすることに・・・
      ま おかげさまで 美味しい漬物を食べられますが^^

      いつになったら このマフラーを首に巻けるのか・・・
      楽しみにしたいと思います♪


e0373488_17434823.jpg

# by sdachurch | 2019-01-18 17:46 | 契約の虹 | Comments(0)

讃美歌270番

  1.信仰こそ旅路を みちびく杖
    よわきを強むる 力なれや
    こころ勇ましく 旅をつづけゆかん
    この世のあやうき 恐るべしや


  2.わが主をかしらと 仰ぎみれば
    ちからの泉は 湧きて尽きず
    めぐみ深き主の み傷みまつれば
    わずかに残る火 ふたたび燃ゆ


  3.主イエスのみ跡を たどりゆけば
    けわしき山路も 安けきみち
    いかで迷うべき などて疲るべき
    ますぐにみ神へ 近づきゆかん


  4.信仰をぞわが身の 杖とたのまん
    するどき剣も くらぶべしや
    よよの聖徒らを 強く生かしたる
    み霊をわれにも 与えたまえ


     「さて、信仰とは 望んでいる事がらを確信し、
      まだ見ていない事実を 確認することでる。」
         ヘブル人への手紙 11章1節


      穏やかな暖かい日が続いています
      今年は 長いお正月休みだったそうですが
      そのあとにまた3連休という方も多いでしょう
      我が家は いつもと変わりなく
      今日は 義母の病院に行ってきました

      義母も この病院に移ってから半年近くになります
      すっかり慣れて 「ここがいい」「幸せじゃ」と
      毎日おだやかに過ごしているので安心しています
      とはいっても 時折 看護師さんに大声で文句を言い
      「困った患者ね!」と思われていますが(笑)
      本人は ご飯も美味しいし 「我が天下」と
      喜んでいるようです

      特養の老人施設に申し込みはしているのですが
      まだ 順番はずいぶん先のようです
      でも 病院のほうが費用も少なくてすむので
      今は 他に移る気持ちはなく
      一日中テレビを見て楽しんで過ごしています
      こんな日々がいつまで続くのか
      本人も 少しは気になっているようですが
      「居心地が良い」と思っている間は
      元気なのでしょう
      時折 主人が兄弟姉妹たちの近況を話していますが
      一喜一憂しながらも自分の身体のことで精いっぱい
      少しずつ 我が子への思い入れは薄れていくようです

      さて 今年はどのような年になるのでしょうか♪


e0373488_16524431.jpg
      

# by sdachurch | 2019-01-14 16:55 | 日基讃美歌 | Comments(2)

主よ守りのみ手をのべ

  1.主よ守りのみ手をのべ たえずわれ守りませ
    日々ともに歩む道は 限りなき愛みつ
    ひとあし またひとあしと
    われをひきあげたもう
    主にまみえるその日まで
    みあとをふみてゆかなん


  2.こころみのあらしふきて わがこころは波たつ
    されども主はみ手をもて たえず導きたもう
    ひとあし またひとあしと
    われをひきあげたもう
    主にまみえるその日まで
    みあとをふみてゆかなん


  3.み神にわれたよりなば とこしえの命をえん
    すべてを主にささげなば みかどうち開かれん
    ひとあし またひとあしと
    われをひきあげたもう
    主にまみえるその日まで
    みあとをふみてゆかなん


     「あなたの光とまこととを送ってわたしを導き、
      あなたの聖なる山と、あなたの住まわれる所に
      わたしをいたらせてください。」
          詩編 43篇3節


       きのうはスーパーで 七草がゆの食材セットが
       沢山売られていました
       お正月にご馳走を食べすぎた胃を休ませる?ため
       考え出されたような話を聞いたことがありますが
       我が家のように おせちもご馳走も無く
       普段と変わらない食事では
       お粥を食べる必要はないかも・・・(笑)

       柚子の苗木を買いました
       以前は あまり料理で使うことはなかったのですが
       最近は 自家製ポン酢を作ったり
       漬物に入れたり なべ物や味噌汁
       また はちみつ漬けを作ったりと
       結構頻繁に使うようになりました
       JAの直売所で売られているのを買っていましたが
       少なくなったら高くなってきました(>_<)
       それで 思い切って植えることにしました
       まだ来年は 実の収穫は難しいようですが
       気長に待ちたいと思います
       昨年は 知人からも何度かいただいたので
       しばらくは それをあてにして・・・
       楽しみです♪


         元旦に山口の公園に行って
         鳥の写真を撮ってきました
         もう少し種類が多いのかと思ったのですが
         同じ鴨ばかりでした
         でも 近づいてもあまり逃げないので
         アップで写せました
         主人いわく・・・「動物園に沢山いるよ!」
         ああ~、そういえば
         動物園・・・思い浮かばなかった!
         わざわざ遠くに行かなくても良かった!
         次回は ぜひ近くの動物園に行ってきます(笑)


e0373488_17072465.jpg
e0373488_17073323.jpg

# by sdachurch | 2019-01-08 17:10 | 契約の虹 | Comments(2)

讃美歌413番

  1.父のみかみよ この年も
    みわざのために ささぐれば
    わが身に幸の あらずとも
    常にあらわさん みさかえを


  2.わが子のうえに さちあれと
    おもうはおやの こころなり
    あすをいかにと わずらわで
    常にあらわさん みさかえを


  3.めぐみの露の おきそいて
    こころの畑の しげりなば
    みのるよき実に ことの葉に
    常にあらわさん みさかえを


  4.十字架のかげの いとくらく
    わが世をおおい つつむとも
    きみがむかしを しのびつつ
    常にあらわさん みさかえを

     「どうか、忍耐と慰めとの神が、あなたがたに、
      キリスト・イエスにならって互に
      同じ思いをいだかせ、
      こうして、心を一つにし、声を合わせて、
      わたしたちの主イエス・キリストの
      父なる神をあがめさせてくださるように。」
         ローマ人への手紙 15章5・6節


       新しい年が始まりましたね
       皆さまお元気で新年をお迎えになったでしょうか
       今年も 少しずつ讃美歌を紹介しながら
       心にあることを書いていきたいと思っています
       どうぞよろしくお願いいたします
       この讃美歌は「年末年始」に歌われる曲の一つです

       写真は 我が家の庭の八朔です
       結婚を機に 主人が植えてはや数十年
       毎年 良く実り 楽しんでいます

       昨年までは 収穫時期が1月~2月頃と思っていて
       収穫しても 少し時間をおいたほうが美味しくなる・・・
       そんなことを聞かされていたので
       1月の終わりか2月になってから一斉に収穫していました
       でも 最後のほうになると 実がしぼんで皮が堅くなり
       あわてて食べることになります

       今回は 去年のうちから実が落ち始めました
       本当に食べられないのかと 先月試しに一つ
       皮をむいて 試食してみました
       なんと! 美味しい! みずみずしい!
       全く問題なく食べられます
       時期が早いように思っていたけれど
       十分熟しているのですね びっくりしました

       それで 今年は毎日1個ずつ収穫して
       食べるようにしました
       そうすれば 最後の実もしぼむことなく
       ジューシーなままで味わうことができます
       主人は ポン酢に加えることも考えています
       酢や柚子よりも美味しくなるそうです
       とても楽しみです
       特別手をかけているわけではないのに
       市販されているものよりかなり大きさがあり
       食べごたえもあります
       私の大好物なので新年から嬉しいです♪

   
e0373488_16532380.jpg
 

# by sdachurch | 2019-01-06 16:53 | 日基讃美歌 | Comments(2)

讃美歌46番

  1.山のはに日は落ちて 夕映えいろはあせゆく
    ひかりの主なる父よ われにともないたまえ
    主いまさば闇は去り よるもひるとかがやかん


  2.わが日かげうすれゆき やがて闇に消えうせん
    いのちの主なる神よ われを守らせたまえ
    主いまさば闇は去り 風も波もしずまらん


  3.荒波のさかまきて 舟もすすまぬ夜半に
    恐るるみ弟子たちに すくいたまいしごとく
    世の闇路ゆく身をも たすけたまえわが主よ


    「あなたがたに命じておいたいっさいのことを
     守るように教えよ。
     見よ、わたしは世の終わりまで
     あなたがたと共にいるのである。」
         マタイによる福音書 28章20節


     大晦日の夕暮れです
     日没時に歌う讃美歌をご紹介してみました
     まだお忙しい方 もうゆっくりされている方
     色々かも知れませんね

     皆さまにとってどのような一年だったでしょう
     中には 過ぎし日を思い起こしておられる方も・・・
     それにしても月日の経つのは早いですね

     以前は 新年を迎えるために沢山の準備をし
     もちろんお客さま用に おせちも作り
     早くから大掃除もし・・・と
     お正月の用意をしたように思いますが
     最近は 普段と変わらず・・・という人も
     結構いらっしゃるようですね
     たぶん 節目にけじめや区切りをつける、という
     気持ちが昔は強かったのでしょうか
     新しい年を迎える前に 古いものにけじめをつける・・・
     長い人生の中では そんな時も必要でしょう
     気持ちを新たにする、というのは
     時には大切なことのような気もします

     そこで 私も古い自分にけじめをつけて
     明日から 新たな気持ちで過ごしたいなと思います^^
     新しい日記帳の初めのページに
     一年間 毎日続けると決めたことを書き込みました
     今までも 毎年続けてきたことですが
     来年から 新しい項目が少し増えたのです
     途中で挫折しないように 頑張りたいと思います
     無理なくマイペースで♪

     皆さま どうぞ良い年をお迎えくださいね♪


            ※ 写真の花:ヒヤシンス


e0373488_19242228.jpg

     

# by sdachurch | 2018-12-31 19:27 | 日基讃美歌 | Comments(0)
  1.きよらに ほしすむこよい
    神の子 うまれましぬ
    けがれにそめる 世人に
    いのちを 与えんために
    のぞみの あしたをむかえ
    よろこびの 日をあおぐ
    ああたれも 聞けみつかいの
    うたごえ 空わたるを
    キリスト 生まれましぬ


  2.信仰の 光をたどり
    われらも はいしまつらん
    くすしき 星かげふみて
    きたりし 博士ならねど
    うまぶねに 眠るみ子は
    世のなやみ 負う主なり
    ああ主こそ 世のつみびとの
    友なれ いざきたりて
    ゆだねよ なが重荷を


  3.愛をば おしえたまいし
    主はげに 平和のきみ
    奴隷のくさり 断ち切り
    主は自由を あたえたもう
    ほめまつれ われらの主を
    しゃしまつれ 主の愛に
    ああ彼は 主の主にませり
    たたえよ そのちからを
    つたえよ その栄を

     「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる
      大きな喜びを、あなたがたに伝える。
      きょうダビデの町に、あなたがたのために
      救い主がお生まれになった。
      このかたこそ主なるキリストである。」
        ルカによる福音書 2章10、11節


      きょうはクリスマス
      イエスさまの誕生日と言われていますが
      本当は 秋にお生まれになりました
      この日の由来は 諸説あるようですが
      この機会に 真実を調べてみるのも
      興味深いことと思います

      また 思いやりの心を持つ意味では
      プレゼント交換も良いかも知れませんが
      なぜ イエスさまはお生まれになったのか
      その謎をとくのも意義深いと思います

      この曲は 聴かれると
      たぶん ご存じの方もおられるでしょう
      メロディがとても美しく
      私が 2番目に好きな讃美歌です
      今日はホワイトクリスマスではなくて
      雲一つない晴天になりました
      青空を見上げながら この曲を口ずさんでいます

      私のためにも 罪の身代わりとなって
      十字架にかかってくださった その深い愛を
      いつも心に覚えて これからも
      聖書のみことばに 忠実に歩んでいきたいと
      願っています
      皆さまにとって 心が温かくなる一日でありますように♪

e0373488_11430049.jpg

# by sdachurch | 2018-12-25 11:44 | 契約の虹 | Comments(0)

讃美歌117番

  1.きよきしらべ 空にきこえ
    み子の母は いのりたもう
    まぶねの君を ほめまつる
    くすしき星の ひかりあり


  2.みどりごこそ 主にいませと
    よろこぶこえ 地にこだまし
    まぶねの君を ほめまつる
    くすしき星の ひかりあり


  3.とわのひかり 星にやどり
    たえなるうた ながるるとき
    いずこの家も どよめきぬ
    すくいの君は きませりと


  4.あまつうたに しらべあわせ
    星とともに 君をいわわん
    うれしき知らせ 世にきたる
    あがないの主を いざやほめん


    「彼らは王の言うことを聞いて出かけると、
     見よ、彼らが東方で見た星が、
     彼らより先に進んで、
     幼な子のいる所まで行き、
     その上にとどまった。」
       マタイによる福音書 2章9節


      教会員なのですが 年を重ねてから
      足が弱って歩けなくなり
      施設に入っておられる男性がいます
      現在100才 もう少しで101才になられるとか
      車椅子ですが とてもお元気です
      奥さまに先立たれてから 同じ信仰を持たれ
      バプテスマを受けられました
      今は その施設で穏やかな日々を過ごしておられます

      その方を先日訪問しました
      足以外はどこも元気なんじゃ!
      毎日お腹がすいて とてもよく食べる!と言われたので
      何か差し入れを持っていけば良かったかと
      あとで少し後悔しました
      以前は とても小食だったから嬉しい驚きでした
      目も耳も しっかりしておられます

      ○○さんがお元気な秘訣は何でしょう?
      と聞いてみました
      返ってきた答えは「信仰があるからじゃ!」
      素晴らしいお言葉でした

      人間は信仰がなければダメ 生きてはいけない
      私は 毎日窓の外の山を見ながら神さまにお祈りする
      朝は 今日も一日守ってください
      夜は 今日も一日守ってくださってありがとうございました
      だからこうして元気に過ごせる
      信仰があるということは有難いことだと
      しみじみ言われました
      先に信仰を持たれた奥さまが
      ご家庭の中で 素晴らしい証しをされていたのだと
      うかがい知ることができます
      教会でも笑顔の絶えない奥さまでした
      私も見習いたいと思います

      ここに伺うと いつも元気と優しさをいただけます
      きっと施設の中でも 
      神さまの愛を証しされていることでしょう
      まだまだお元気でいらしてくださいね
      またうかがいます♪


e0373488_18072951.jpg
      

      


# by sdachurch | 2018-12-20 18:08 | 日基讃美歌 | Comments(2)

かいばのおけに

  1.かいばのおけに ねている
    かわいいかおの イエスさま
    おほしがそらで やさしく
    ねがおをじっと 見ている


  2.おうまのこえで おきても
    なかないつよい イエスさま
    おまもりください あさまで
    わたしがねてる あいだも


  3.せかいのこども あいして
    おまもりなさる イエスさま
    すばらしい天の おくにへ
    わたしも入れて ください


     「あなたがたは幼な子が 布にくるまって
      飼い葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。
      それが、あなたがたに与えられたしるしである。」
        ルカによる福音書 2章12節


       この曲は子どもたちが好んで歌うクリスマス曲です
       英語では「Away in a manger」というタイトルで
       よく歌われています
       あちこちできっと子どもクリスマス会などが
       行われていることでしょうね

       わたしも 子どものころから歌をうたうのが大好きで
       上手ではないのですが よく歌っていました
       一度覚えた歌は 忘れることなく
       今でも 鼻歌として口から出てきます(笑)

       ところで 4年ほど前に 主人が腕の手術をしたころ
       わたしも 気管支ぜんそくになり
       それから最近まで 痰がからまることが多くなり
       好きな歌を思い切り歌うことができなくなりました
       それは あとでわかったことですが
       咳止めの薬の副作用でした
       残念で 悲しいというより悔しかったです
       以前のように 大声で気持ちよく歌えないことに
       もう 歌うのはあきらめようと
       悲観的な気持ちになっていました
       もちろん ネットで調べたりして
       のどに効果的なこと・ものはないかと探しましたが
       試しても あまり変化なし・・・

       ところが 最近もう一度 別の事から情報を得て
       「深呼吸」が 肺に効果的と知りました
       ダメ元で・・・と思い
       毎日 深呼吸を続けてみました
       一か月ほどたった今 不思議に
       以前ほど 痰がからまなくなり
       かすれもせず 大声で歌えるようになったのです
       とても不思議でした 嬉しい!

       本当に簡単で単純なこと
       深呼吸だけで こんなに自分の声が変わるなんて
       うそみたいで 思わず「神さま、ありがとうございます」
       って 感謝しました^^

       教会の礼拝で 思い切り讃美歌を歌えるのが
       今はとても嬉しいです
       これからも 深呼吸はずっと続けようと思いますし
       年を重ねても ずっと歌っていたいです♪


             ※ 写真の花:洋ラン「カトレア」

e0373488_11212527.jpg

# by sdachurch | 2018-12-16 11:22 | こどもさんびか | Comments(2)

讃美歌98番


 1.あめにはさかえ み神にあれや
   つちにはやすき 人にあれやと
   みつかいたちの たたうる歌を
   ききてもろびと 共によろこび
   今ぞうまれし 君をたたえよ


 2.さだめたまいし 救いのときに
   かみのみくらを はなれて降り
   いやしきしずの おとめにやどり
   世びとのなかに 住むべきために
   いまぞ生まれし 君をたたえよ


 3.あさ日のごとく かがやき昇り
   みひかりをもて 暗きをてらし
   つちよりいでし 人をいかしめ
   つきぬいのちを 与うるために
   いまぞ生まれし 君をたたえよ


    「いと高きところでは、神に栄光があるように、
     地の上では、み心にかなう人々に
     平和があるように。」
       ルカによる福音書 2章14節


      この曲も有名なクリスマス讃美歌ですね
      メロディを聴かれたら
      きっとご存じのかたも多いことでしょう
      ブログなので歌えないのが残念!(笑)

      先日 主人と一緒に
      広島にあるクリスチャン書店に行ってきました
      讃美歌のCDを探したかったのですが
      演奏だけのものが多く
      歌が入っているのは少なくて残念でした
      でも カタログだけではわからない書籍が沢山あって
      手に取って中を見ることができるのは
      やはり直接 お店に行ってみることですね

      安売りされていた新品の聖書 そして讃美歌
      子ども向きのバイブルストーリーなどを
      購入して帰りました
      今教会で 子どものクラスにも参加しているので
      きっと喜んでくれそうで嬉しいです
      思い切って出かけたおかげで収穫がありました
      とても心が満たされ 信仰が励まされた感謝の一日でした♪


e0373488_15395796.jpg


# by sdachurch | 2018-12-10 15:43 | 日基讃美歌 | Comments(2)

4つの種

  1.道にまかれた種は 悪い鳥がみつけて
    ごちそうさまもいわず 盗んでたべた
    神のことば聞いても 無関心な人は
    豊ん命の実を 結べはしない 
    道にまかれた種は 悪い鳥がみつけて
    ごちそうさまもいわず 盗んでたべた


  2.石地におちた種は すぐ芽を出したけれど
    日照りがつづいたら 枯れてしまった
    神のことば聞いても 気まぐれな心は
    豊かな命の実を 結べはしない 
    石地におちた種は すぐ芽を出したけれど
    日照りがつづいたら 枯れてしまった


  3.いばらの中の種は 大きくのびたけれど
    じゃまないばらが生えて 花も咲けない
    神のことば聞いても 迷いやすい人は
    豊かな命の実を 結べはしない
    いばらの中の種は 大きくのびたけれど
    じゃまないばらが生えて 花も咲けない


  4.よい地におちた種は やがて季節がくると
    豊かな命の実を 枝にみのらす
    神のことばの中で 育てられる人は
    豊かな命の実が たわわにみのる
    よい地に落ちた種は やがて季節がくると
    豊かな命の実を 枝にみのらす

     「種まきが種をまきに出て行った。
      まいているうちに、ある種は道ばたに落ち、
      踏みつけられ、そして空の鳥に食べられてしまった。
      ほかの種は岩の上に落ち、
      はえはしたが水気がないので枯れてしまった。
      ほかの種は、いばらの間に落ちたので、
      いばらも一緒に茂ってきて、それをふさいでしまった。
      ところが、ほかの種は良い地に落ちたので、
      はえ育って百倍もの身を結んだ。」
          ルカによる福音書 8章5~8節


       今朝は気温が下がって 風も強く
       急に真冬になったようなお天気の一日でした
       こんな日は 白菜のキムチ漬けに最適の日和です
       寒いほど 時間をかけて美味しく漬かるのです

       昨年は なぜか冬になっても 
       出来の良い白菜に出会いませんでした
       韓国食材店の奥さんも 「今年は白菜の巻きがよくない」
       と言って よい白菜を探すのに苦労されていました
       私も 例年よりキムチを漬ける回数が減りました
       ところが 今年は早くから出来の良い白菜が出回り
       もう何度も漬けています
       たいてい農協で買うのですが 重くて立派な白菜ばかり
       値段も高くはありません 嬉しいですね^^
       去年と何が違ったのかわかりませんが
       いずれにしても 有難いことです
       2日がかりで漬けるのは 少ししんどいですが
       皆さんの喜んでくださるお顔が嬉しくて
       この冬も沢山漬けようと思っています

       この歌のように 良い地に蒔かれた白菜の種が
       きっと 良い実を結んでいるのでしょうね
       野菜農家のかたに 心から感謝です♪

       
             ※ 写真の花:洋ラン「カトレア」
e0373488_17535640.jpg
 

# by sdachurch | 2018-12-07 17:55 | 友よ歌おう | Comments(0)

讃美歌103番

  1.まきびとひつじを 守れるそのよい
    たえなるみ歌は あめよりひびきぬ
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ


  2.あおげばみ空に きらめくあかぼし
    夜ひるさやかに かがやきわたれり
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ


  3.その星しるべに みたりの博士ら
    メシヤをたずねて はるばる旅しぬ
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ


  4.くすしき光の みちびくまにまに
    博士はまぶねの 主イエスにまみえぬ
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

     
     「きょうダビデの町に、あなたがたのために
      救い主がお生まれになった。
      このかたこそ主なるキリストである。」
        ルカによる福音書 2章11節


      12月に入りましたね
      今年もあと一か月 月日の早さを痛感します
      12月といえば師走 忙しいというイメージがありますね
      教会では クリスマスの讃美歌が歌われるようになります
      今回からしばらく クリスマス曲をご紹介しますね
      ご存じの方は どうぞ声を出して歌ってみてください
      きれいなメロディが沢山あります♪

      先週金曜・土曜日は 教会の用事で
      香川県の高松と丸亀に行ってきました
      私が40年ほど前に住んでいた高松
      そして礼拝日に通っていた丸亀教会で
      懐かしい方々にお会いしてきました

      瀬戸大橋が出来てから 高松もずいぶん変わってしまい
      住んでいた町がどこかわからないくらいで
      迷子になりそうでした
      念願の讃岐うどんを食べる機会がなくて残念でしたが
      40年ぶりに再会した T さんと沢山話せて
      心に温かいものをしっかりいただけました
      これからも 離れていてもその交流は続きます
      40年前に T さんに出会わせてくださった神さまに
      心から感謝の嬉しい旅でした♪

e0373488_20020550.jpg
      

# by sdachurch | 2018-12-02 20:03 | 日基讃美歌 | Comments(0)

讃美歌354番


  1.かいぬしわが主よ まよう我らを
    若草の野べに 導きたまえ
    われらを守りて やしないたまえ
    われらは主のもの 主にあがなわる


  2.良き友となりて 常にみちびき
    まよわばたずねて ひき返りませ
    われらの祈りを 受け入れたまえ
    われらは主のもの ただ主にたよる


  3.ゆるしのみちかい 救いのめぐみ
    きよむる力は みな主にぞある
    われらをあがない 命をたまう
    われらは主のもの 主にありて生く


  4.みいつくしみをば われらに満たし
    今よりみむねを なさしめたまえ
    われらをあわれむ み恵みふかし
    われらは主のもの 主をのみ愛す


     「わたしはよい羊飼いである。
      よい羊飼いは、羊のために命を捨てる。
      羊飼いではなく羊が自分のものでもない雇人は、
      おおかみが来るのを見ると、羊を捨てて逃げ去る。
      そして、おおかみは羊を奪い、また追い散らす。」
           ヨハネによる福音書 10章11、12節


      この讃美歌は 私が子どもの頃 父が好きだった曲です
      家庭礼拝で よく歌いました
      父は 仕事をしながらよく歌をうたっていましたが
      歌謡曲などは音がはずれて音痴なのに
      讃美歌は なぜか音がはずれず正確に歌えました
      おかげで 家庭ではアカペラで歌っているのに
      私たち家族は 正しいメロディを覚えることができました(笑)
      讃美歌のもつ力、不思議さを感じていました

      先日 ネットでいつも注文している味噌が届きました
      その会社は福井県にありますが
      同封されたカードに こんな言葉がありました
      「福井県は 今年も幸福度No.1に選ばれました!」
      へえ~、そうなんだ・・・
      でも「幸福度」って 何を基準に感じるのか
      何を基準に選ばれるのかわかりませんが
      福井県に住んでいて 幸せだなって感じる人が
      多いということでしょうか
      もしそうなら 私も一度福井県を訪れてみたいですが
      たぶん 旅行などで感じるのは難しいのかも・・・
      住んでいるからこそ感じる良さなのかも知れませんね
      さて 私の住んでいる山口県はどうでしょうか♪

            ライバルのような存在だったのに
            最近は仲良く近くで熟睡しています♪


e0373488_21190636.jpg

# by sdachurch | 2018-11-28 21:23 | 日基讃美歌 | Comments(0)

じゅうじかの血潮も

  1.十字架の血潮もて われさえあがない
    神の子としたもう 恵みの主をほめん
    ああ主は 十字架にかかりて
    われを救いたもう 恵みの主をほめん


  2.夜ごと日ごとに主の みこころ思えば
    喜び満ちあふれ 恵みの主をほめん
    ああ主は 十字架にかかりて
    われを救いたもう 恵みの主をほめん


  3.主は愛のみ手もて 導きたまえば
    行く手におそれなし 恵みの主をほめん
    ああ主は 十字架にかかりて
    われを救いたもう 恵みの主をほめん

     「主よ、あなたはわが訴えを取りあげて、
      わたしの命をあがなわれました。」
          哀歌 3章58節


       朝晩 かなり冷えるようになりました
       皆さま 風邪を引かれていませんか?
       お身体大切にお過ごしくださいね

       日暮れも早くなり ハッピーの散歩の時間も
       今までより少し早めにしていますが
       それでも ウォーキングの時は手が冷たくて
       手袋をするようになりました
       「小雪」も過ぎて冬が近づいてきましたね

       今日は 友達と一緒に知人を訪ねて
       往復2時間ほどドライブをしました
       車中で沢山の話が出来
       信仰の友と お互いに考えを話しながら
       励まし合い 共有し合い 喜び合えるのは
       とても素晴らしいと感じます

       お互いの情報をシェアしながら
       アイディアを出し 前を向いて頑張れるのは
       多くのお恵みと祝福に感謝できるからこそですね
       「いつも喜んでいなさい」という聖書のことばは
       大きな力になります

       訪問したお宅のご主人は
       ご病気で 奥さまの介護が必要ですが
       気さくに話の輪に入ってくださり
       楽しくお話ができました
       また 帰り際にお祈りさせていただいたところ
       「お祈りがきかれたのか いつもより足が軽くなって
        元気で歩けた!」と喜んでくださったとか・・・
       たぶん お祈りという経験は 初めてだったと思います
       また次回も お祈りで心が一つになれたら嬉しいです
       このご夫妻を これからも神さまが豊かに祝福し
       見守ってくださるように心から願っています♪


e0373488_19324855.jpg

# by sdachurch | 2018-11-25 19:38 | 契約の虹 | Comments(2)