讃美歌479番

 1.去りにしひとを しのぶれば
   ともにしたしみ むつびたる
   ありしすがたは 見えねども
   たまはいかでか 消えぬべき


 2.み神のみちを たどりつつ
   まめにつかえし わがともの
   世にのこしたる 愛の果(み)は
   いろもかわらで かぐわしや


 3.なみかぜあらく よせし日も
   はらからのため 世のために
   なやみにたえし こころこそ
   とこしえまでも のこるらめ


 4.知識はすたり 富は消ゆ
   しかはあれども 主につける
   かよわきおみな おさなごの
   なしつるわざも いや栄えん


    「ちりは、もとのように土に帰り、
     霊はこれを授けた神に帰る。」
        伝道の書 12章7節


      昨年末 私が尊敬している牧師のお一人が亡くなられました
      本当に残念で 少し寂しい気持ちはあるのですが
      神さまを信じるわたしたちには
      やがて もう一度お会いできるという希望があります
      私が忠実であったならば きっとみ国でお会いできるでしょう

      私がまだ若い頃 四国で教会の仕事をしていました
      その時 心をくだいてお世話をしてくださったのが
      この優しくて 誠実なお人柄の牧師夫妻でした
      実家を遠く離れて 仕事にも悩んでいた私を
      親代わりとなって見守り助けてくださいました

      決しておごらず高ぶらず いつも静かで穏やかで
      腰が低く謙遜で 絶えず人を思いやり
      礼拝説教では 心にしみるメッセージを語ってくださり
      毎週 「あの先生のお話が聴きたい!」との思いで
      9:30 から始まるプログラムなのに
      7:30 には家を出て 1時間かけて通っていました
      教会に行くのが本当に楽しみだったことを覚えています

      先生は 結核を患い少し病弱だったこともあって
      お若いころから医師に「40才くらいで死ぬかも・・・」と
      言われていたそうですが 
      それが 健康を気遣う心がけになっていたかもしれません
      亡くなられた時は 97歳でした
      たぶんご自分でも驚いておられたと思います(笑)

      近くでお交わりしたのは ほんの3年間で
      それからは遠く離れてしまったのですが
      その短い間に 本当に沢山のことを学ばせていただきました
      今でも お説教を録音していたものを時々聴いています
       (最後にお会いしたのは2年ほど前でした)

      先生から教えられた価値ある宝を 日々の歩みに活かしながら
      優しくて控えめな奥さまとご一緒に再会できることを
      とても楽しみにしています
      先生に会わせていただけたことを 今心から神さまに感謝しています♪


e0373488_09461923.jpg
 


[PR]
by sdachurch | 2018-02-01 09:46 | 日基讃美歌 | Comments(0)

いつも心に讃美を♪


by sdachurch