讃美歌270番

  1.信仰こそ旅路を みちびく杖
    よわきを強むる 力なれや
    こころ勇ましく 旅をつづけゆかん
    この世のあやうき 恐るべしや


  2.わが主をかしらと 仰ぎみれば
    ちからの泉は 湧きて尽きず
    めぐみ深き主の み傷みまつれば
    わずかに残る火 ふたたび燃ゆ


  3.主イエスのみ跡を たどりゆけば
    けわしき山路も 安けきみち
    いかで迷うべき などて疲るべき
    ますぐにみ神へ 近づきゆかん


  4.信仰をぞわが身の 杖とたのまん
    するどき剣も くらぶべしや
    よよの聖徒らを 強く生かしたる
    み霊をわれにも 与えたまえ


     「さて、信仰とは 望んでいる事がらを確信し、
      まだ見ていない事実を 確認することでる。」
         ヘブル人への手紙 11章1節


      穏やかな暖かい日が続いています
      今年は 長いお正月休みだったそうですが
      そのあとにまた3連休という方も多いでしょう
      我が家は いつもと変わりなく
      今日は 義母の病院に行ってきました

      義母も この病院に移ってから半年近くになります
      すっかり慣れて 「ここがいい」「幸せじゃ」と
      毎日おだやかに過ごしているので安心しています
      とはいっても 時折 看護師さんに大声で文句を言い
      「困った患者ね!」と思われていますが(笑)
      本人は ご飯も美味しいし 「我が天下」と
      喜んでいるようです

      特養の老人施設に申し込みはしているのですが
      まだ 順番はずいぶん先のようです
      でも 病院のほうが費用も少なくてすむので
      今は 他に移る気持ちはなく
      一日中テレビを見て楽しんで過ごしています
      こんな日々がいつまで続くのか
      本人も 少しは気になっているようですが
      「居心地が良い」と思っている間は
      元気なのでしょう
      時折 主人が兄弟姉妹たちの近況を話していますが
      一喜一憂しながらも自分の身体のことで精いっぱい
      少しずつ 我が子への思い入れは薄れていくようです

      さて 今年はどのような年になるのでしょうか♪


e0373488_16524431.jpg
      

# by sdachurch | 2019-01-14 16:55 | 日基讃美歌 | Comments(0)

主よ守りのみ手をのべ

  1.主よ守りのみ手をのべ たえずわれ守りませ
    日々ともに歩む道は 限りなき愛みつ
    ひとあし またひとあしと
    われをひきあげたもう
    主にまみえるその日まで
    みあとをふみてゆかなん


  2.こころみのあらしふきて わがこころは波たつ
    されども主はみ手をもて たえず導きたもう
    ひとあし またひとあしと
    われをひきあげたもう
    主にまみえるその日まで
    みあとをふみてゆかなん


  3.み神にわれたよりなば とこしえの命をえん
    すべてを主にささげなば みかどうち開かれん
    ひとあし またひとあしと
    われをひきあげたもう
    主にまみえるその日まで
    みあとをふみてゆかなん


     「あなたの光とまこととを送ってわたしを導き、
      あなたの聖なる山と、あなたの住まわれる所に
      わたしをいたらせてください。」
          詩編 43篇3節


       きのうはスーパーで 七草がゆの食材セットが
       沢山売られていました
       お正月にご馳走を食べすぎた胃を休ませる?ため
       考え出されたような話を聞いたことがありますが
       我が家のように おせちもご馳走も無く
       普段と変わらない食事では
       お粥を食べる必要はないかも・・・(笑)

       柚子の苗木を買いました
       以前は あまり料理で使うことはなかったのですが
       最近は 自家製ポン酢を作ったり
       漬物に入れたり なべ物や味噌汁
       また はちみつ漬けを作ったりと
       結構頻繁に使うようになりました
       JAの直売所で売られているのを買っていましたが
       少なくなったら高くなってきました(>_<)
       それで 思い切って植えることにしました
       まだ来年は 実の収穫は難しいようですが
       気長に待ちたいと思います
       昨年は 知人からも何度かいただいたので
       しばらくは それをあてにして・・・
       楽しみです♪


         元旦に山口の公園に行って
         鳥の写真を撮ってきました
         もう少し種類が多いのかと思ったのですが
         同じ鴨ばかりでした
         でも 近づいてもあまり逃げないので
         アップで写せました
         主人いわく・・・「動物園に沢山いるよ!」
         ああ~、そういえば
         動物園・・・思い浮かばなかった!
         わざわざ遠くに行かなくても良かった!
         次回は ぜひ近くの動物園に行ってきます(笑)


e0373488_17072465.jpg
e0373488_17073323.jpg

# by sdachurch | 2019-01-08 17:10 | 契約の虹 | Comments(0)

讃美歌413番

  1.父のみかみよ この年も
    みわざのために ささぐれば
    わが身に幸の あらずとも
    常にあらわさん みさかえを


  2.わが子のうえに さちあれと
    おもうはおやの こころなり
    あすをいかにと わずらわで
    常にあらわさん みさかえを


  3.めぐみの露の おきそいて
    こころの畑の しげりなば
    みのるよき実に ことの葉に
    常にあらわさん みさかえを


  4.十字架のかげの いとくらく
    わが世をおおい つつむとも
    きみがむかしを しのびつつ
    常にあらわさん みさかえを

     「どうか、忍耐と慰めとの神が、あなたがたに、
      キリスト・イエスにならって互に
      同じ思いをいだかせ、
      こうして、心を一つにし、声を合わせて、
      わたしたちの主イエス・キリストの
      父なる神をあがめさせてくださるように。」
         ローマ人への手紙 15章5・6節


       新しい年が始まりましたね
       皆さまお元気で新年をお迎えになったでしょうか
       今年も 少しずつ讃美歌を紹介しながら
       心にあることを書いていきたいと思っています
       どうぞよろしくお願いいたします
       この讃美歌は「年末年始」に歌われる曲の一つです

       写真は 我が家の庭の八朔です
       結婚を機に 主人が植えてはや数十年
       毎年 良く実り 楽しんでいます

       昨年までは 収穫時期が1月~2月頃と思っていて
       収穫しても 少し時間をおいたほうが美味しくなる・・・
       そんなことを聞かされていたので
       1月の終わりか2月になってから一斉に収穫していました
       でも 最後のほうになると 実がしぼんで皮が堅くなり
       あわてて食べることになります

       今回は 去年のうちから実が落ち始めました
       本当に食べられないのかと 先月試しに一つ
       皮をむいて 試食してみました
       なんと! 美味しい! みずみずしい!
       全く問題なく食べられます
       時期が早いように思っていたけれど
       十分熟しているのですね びっくりしました

       それで 今年は毎日1個ずつ収穫して
       食べるようにしました
       そうすれば 最後の実もしぼむことなく
       ジューシーなままで味わうことができます
       主人は ポン酢に加えることも考えています
       酢や柚子よりも美味しくなるそうです
       とても楽しみです
       特別手をかけているわけではないのに
       市販されているものよりかなり大きさがあり
       食べごたえもあります
       私の大好物なので新年から嬉しいです♪

   
e0373488_16532380.jpg
 

# by sdachurch | 2019-01-06 16:53 | 日基讃美歌 | Comments(0)

讃美歌46番

  1.山のはに日は落ちて 夕映えいろはあせゆく
    ひかりの主なる父よ われにともないたまえ
    主いまさば闇は去り よるもひるとかがやかん


  2.わが日かげうすれゆき やがて闇に消えうせん
    いのちの主なる神よ われを守らせたまえ
    主いまさば闇は去り 風も波もしずまらん


  3.荒波のさかまきて 舟もすすまぬ夜半に
    恐るるみ弟子たちに すくいたまいしごとく
    世の闇路ゆく身をも たすけたまえわが主よ


    「あなたがたに命じておいたいっさいのことを
     守るように教えよ。
     見よ、わたしは世の終わりまで
     あなたがたと共にいるのである。」
         マタイによる福音書 28章20節


     大晦日の夕暮れです
     日没時に歌う讃美歌をご紹介してみました
     まだお忙しい方 もうゆっくりされている方
     色々かも知れませんね

     皆さまにとってどのような一年だったでしょう
     中には 過ぎし日を思い起こしておられる方も・・・
     それにしても月日の経つのは早いですね

     以前は 新年を迎えるために沢山の準備をし
     もちろんお客さま用に おせちも作り
     早くから大掃除もし・・・と
     お正月の用意をしたように思いますが
     最近は 普段と変わらず・・・という人も
     結構いらっしゃるようですね
     たぶん 節目にけじめや区切りをつける、という
     気持ちが昔は強かったのでしょうか
     新しい年を迎える前に 古いものにけじめをつける・・・
     長い人生の中では そんな時も必要でしょう
     気持ちを新たにする、というのは
     時には大切なことのような気もします

     そこで 私も古い自分にけじめをつけて
     明日から 新たな気持ちで過ごしたいなと思います^^
     新しい日記帳の初めのページに
     一年間 毎日続けると決めたことを書き込みました
     今までも 毎年続けてきたことですが
     来年から 新しい項目が少し増えたのです
     途中で挫折しないように 頑張りたいと思います
     無理なくマイペースで♪

     皆さま どうぞ良い年をお迎えくださいね♪


            ※ 写真の花:ヒヤシンス


e0373488_19242228.jpg

     

# by sdachurch | 2018-12-31 19:27 | 日基讃美歌 | Comments(0)
  1.きよらに ほしすむこよい
    神の子 うまれましぬ
    けがれにそめる 世人に
    いのちを 与えんために
    のぞみの あしたをむかえ
    よろこびの 日をあおぐ
    ああたれも 聞けみつかいの
    うたごえ 空わたるを
    キリスト 生まれましぬ


  2.信仰の 光をたどり
    われらも はいしまつらん
    くすしき 星かげふみて
    きたりし 博士ならねど
    うまぶねに 眠るみ子は
    世のなやみ 負う主なり
    ああ主こそ 世のつみびとの
    友なれ いざきたりて
    ゆだねよ なが重荷を


  3.愛をば おしえたまいし
    主はげに 平和のきみ
    奴隷のくさり 断ち切り
    主は自由を あたえたもう
    ほめまつれ われらの主を
    しゃしまつれ 主の愛に
    ああ彼は 主の主にませり
    たたえよ そのちからを
    つたえよ その栄を

     「恐れるな。見よ、すべての民に与えられる
      大きな喜びを、あなたがたに伝える。
      きょうダビデの町に、あなたがたのために
      救い主がお生まれになった。
      このかたこそ主なるキリストである。」
        ルカによる福音書 2章10、11節


      きょうはクリスマス
      イエスさまの誕生日と言われていますが
      本当は 秋にお生まれになりました
      この日の由来は 諸説あるようですが
      この機会に 真実を調べてみるのも
      興味深いことと思います

      また 思いやりの心を持つ意味では
      プレゼント交換も良いかも知れませんが
      なぜ イエスさまはお生まれになったのか
      その謎をとくのも意義深いと思います

      この曲は 聴かれると
      たぶん ご存じの方もおられるでしょう
      メロディがとても美しく
      私が 2番目に好きな讃美歌です
      今日はホワイトクリスマスではなくて
      雲一つない晴天になりました
      青空を見上げながら この曲を口ずさんでいます

      私のためにも 罪の身代わりとなって
      十字架にかかってくださった その深い愛を
      いつも心に覚えて これからも
      聖書のみことばに 忠実に歩んでいきたいと
      願っています
      皆さまにとって 心が温かくなる一日でありますように♪

e0373488_11430049.jpg

# by sdachurch | 2018-12-25 11:44 | 契約の虹 | Comments(0)

讃美歌117番

  1.きよきしらべ 空にきこえ
    み子の母は いのりたもう
    まぶねの君を ほめまつる
    くすしき星の ひかりあり


  2.みどりごこそ 主にいませと
    よろこぶこえ 地にこだまし
    まぶねの君を ほめまつる
    くすしき星の ひかりあり


  3.とわのひかり 星にやどり
    たえなるうた ながるるとき
    いずこの家も どよめきぬ
    すくいの君は きませりと


  4.あまつうたに しらべあわせ
    星とともに 君をいわわん
    うれしき知らせ 世にきたる
    あがないの主を いざやほめん


    「彼らは王の言うことを聞いて出かけると、
     見よ、彼らが東方で見た星が、
     彼らより先に進んで、
     幼な子のいる所まで行き、
     その上にとどまった。」
       マタイによる福音書 2章9節


      教会員なのですが 年を重ねてから
      足が弱って歩けなくなり
      施設に入っておられる男性がいます
      現在100才 もう少しで101才になられるとか
      車椅子ですが とてもお元気です
      奥さまに先立たれてから 同じ信仰を持たれ
      バプテスマを受けられました
      今は その施設で穏やかな日々を過ごしておられます

      その方を先日訪問しました
      足以外はどこも元気なんじゃ!
      毎日お腹がすいて とてもよく食べる!と言われたので
      何か差し入れを持っていけば良かったかと
      あとで少し後悔しました
      以前は とても小食だったから嬉しい驚きでした
      目も耳も しっかりしておられます

      ○○さんがお元気な秘訣は何でしょう?
      と聞いてみました
      返ってきた答えは「信仰があるからじゃ!」
      素晴らしいお言葉でした

      人間は信仰がなければダメ 生きてはいけない
      私は 毎日窓の外の山を見ながら神さまにお祈りする
      朝は 今日も一日守ってください
      夜は 今日も一日守ってくださってありがとうございました
      だからこうして元気に過ごせる
      信仰があるということは有難いことだと
      しみじみ言われました
      先に信仰を持たれた奥さまが
      ご家庭の中で 素晴らしい証しをされていたのだと
      うかがい知ることができます
      教会でも笑顔の絶えない奥さまでした
      私も見習いたいと思います

      ここに伺うと いつも元気と優しさをいただけます
      きっと施設の中でも 
      神さまの愛を証しされていることでしょう
      まだまだお元気でいらしてくださいね
      またうかがいます♪


e0373488_18072951.jpg
      

      


# by sdachurch | 2018-12-20 18:08 | 日基讃美歌 | Comments(0)

かいばのおけに

  1.かいばのおけに ねている
    かわいいかおの イエスさま
    おほしがそらで やさしく
    ねがおをじっと 見ている


  2.おうまのこえで おきても
    なかないつよい イエスさま
    おまもりください あさまで
    わたしがねてる あいだも


  3.せかいのこども あいして
    おまもりなさる イエスさま
    すばらしい天の おくにへ
    わたしも入れて ください


     「あなたがたは幼な子が 布にくるまって
      飼い葉おけの中に寝かしてあるのを見るであろう。
      それが、あなたがたに与えられたしるしである。」
        ルカによる福音書 2章12節


       この曲は子どもたちが好んで歌うクリスマス曲です
       英語では「Away in a manger」というタイトルで
       よく歌われています
       あちこちできっと子どもクリスマス会などが
       行われていることでしょうね

       わたしも 子どものころから歌をうたうのが大好きで
       上手ではないのですが よく歌っていました
       一度覚えた歌は 忘れることなく
       今でも 鼻歌として口から出てきます(笑)

       ところで 4年ほど前に 主人が腕の手術をしたころ
       わたしも 気管支ぜんそくになり
       それから最近まで 痰がからまることが多くなり
       好きな歌を思い切り歌うことができなくなりました
       それは あとでわかったことですが
       咳止めの薬の副作用でした
       残念で 悲しいというより悔しかったです
       以前のように 大声で気持ちよく歌えないことに
       もう 歌うのはあきらめようと
       悲観的な気持ちになっていました
       もちろん ネットで調べたりして
       のどに効果的なこと・ものはないかと探しましたが
       試しても あまり変化なし・・・

       ところが 最近もう一度 別の事から情報を得て
       「深呼吸」が 肺に効果的と知りました
       ダメ元で・・・と思い
       毎日 深呼吸を続けてみました
       一か月ほどたった今 不思議に
       以前ほど 痰がからまなくなり
       かすれもせず 大声で歌えるようになったのです
       とても不思議でした 嬉しい!

       本当に簡単で単純なこと
       深呼吸だけで こんなに自分の声が変わるなんて
       うそみたいで 思わず「神さま、ありがとうございます」
       って 感謝しました^^

       教会の礼拝で 思い切り讃美歌を歌えるのが
       今はとても嬉しいです
       これからも 深呼吸はずっと続けようと思いますし
       年を重ねても ずっと歌っていたいです♪


             ※ 写真の花:洋ラン「カトレア」

e0373488_11212527.jpg

# by sdachurch | 2018-12-16 11:22 | こどもさんびか | Comments(0)

讃美歌98番


 1.あめにはさかえ み神にあれや
   つちにはやすき 人にあれやと
   みつかいたちの たたうる歌を
   ききてもろびと 共によろこび
   今ぞうまれし 君をたたえよ


 2.さだめたまいし 救いのときに
   かみのみくらを はなれて降り
   いやしきしずの おとめにやどり
   世びとのなかに 住むべきために
   いまぞ生まれし 君をたたえよ


 3.あさ日のごとく かがやき昇り
   みひかりをもて 暗きをてらし
   つちよりいでし 人をいかしめ
   つきぬいのちを 与うるために
   いまぞ生まれし 君をたたえよ


    「いと高きところでは、神に栄光があるように、
     地の上では、み心にかなう人々に
     平和があるように。」
       ルカによる福音書 2章14節


      この曲も有名なクリスマス讃美歌ですね
      メロディを聴かれたら
      きっとご存じのかたも多いことでしょう
      ブログなので歌えないのが残念!(笑)

      先日 主人と一緒に
      広島にあるクリスチャン書店に行ってきました
      讃美歌のCDを探したかったのですが
      演奏だけのものが多く
      歌が入っているのは少なくて残念でした
      でも カタログだけではわからない書籍が沢山あって
      手に取って中を見ることができるのは
      やはり直接 お店に行ってみることですね

      安売りされていた新品の聖書 そして讃美歌
      子ども向きのバイブルストーリーなどを
      購入して帰りました
      今教会で 子どものクラスにも参加しているので
      きっと喜んでくれそうで嬉しいです
      思い切って出かけたおかげで収穫がありました
      とても心が満たされ 信仰が励まされた感謝の一日でした♪


e0373488_15395796.jpg


# by sdachurch | 2018-12-10 15:43 | 日基讃美歌 | Comments(0)

4つの種

  1.道にまかれた種は 悪い鳥がみつけて
    ごちそうさまもいわず 盗んでたべた
    神のことば聞いても 無関心な人は
    豊ん命の実を 結べはしない 
    道にまかれた種は 悪い鳥がみつけて
    ごちそうさまもいわず 盗んでたべた


  2.石地におちた種は すぐ芽を出したけれど
    日照りがつづいたら 枯れてしまった
    神のことば聞いても 気まぐれな心は
    豊かな命の実を 結べはしない 
    石地におちた種は すぐ芽を出したけれど
    日照りがつづいたら 枯れてしまった


  3.いばらの中の種は 大きくのびたけれど
    じゃまないばらが生えて 花も咲けない
    神のことば聞いても 迷いやすい人は
    豊かな命の実を 結べはしない
    いばらの中の種は 大きくのびたけれど
    じゃまないばらが生えて 花も咲けない


  4.よい地におちた種は やがて季節がくると
    豊かな命の実を 枝にみのらす
    神のことばの中で 育てられる人は
    豊かな命の実が たわわにみのる
    よい地に落ちた種は やがて季節がくると
    豊かな命の実を 枝にみのらす

     「種まきが種をまきに出て行った。
      まいているうちに、ある種は道ばたに落ち、
      踏みつけられ、そして空の鳥に食べられてしまった。
      ほかの種は岩の上に落ち、
      はえはしたが水気がないので枯れてしまった。
      ほかの種は、いばらの間に落ちたので、
      いばらも一緒に茂ってきて、それをふさいでしまった。
      ところが、ほかの種は良い地に落ちたので、
      はえ育って百倍もの身を結んだ。」
          ルカによる福音書 8章5~8節


       今朝は気温が下がって 風も強く
       急に真冬になったようなお天気の一日でした
       こんな日は 白菜のキムチ漬けに最適の日和です
       寒いほど 時間をかけて美味しく漬かるのです

       昨年は なぜか冬になっても 
       出来の良い白菜に出会いませんでした
       韓国食材店の奥さんも 「今年は白菜の巻きがよくない」
       と言って よい白菜を探すのに苦労されていました
       私も 例年よりキムチを漬ける回数が減りました
       ところが 今年は早くから出来の良い白菜が出回り
       もう何度も漬けています
       たいてい農協で買うのですが 重くて立派な白菜ばかり
       値段も高くはありません 嬉しいですね^^
       去年と何が違ったのかわかりませんが
       いずれにしても 有難いことです
       2日がかりで漬けるのは 少ししんどいですが
       皆さんの喜んでくださるお顔が嬉しくて
       この冬も沢山漬けようと思っています

       この歌のように 良い地に蒔かれた白菜の種が
       きっと 良い実を結んでいるのでしょうね
       野菜農家のかたに 心から感謝です♪

       
             ※ 写真の花:洋ラン「カトレア」
e0373488_17535640.jpg
 

# by sdachurch | 2018-12-07 17:55 | 友よ歌おう | Comments(0)

讃美歌103番

  1.まきびとひつじを 守れるそのよい
    たえなるみ歌は あめよりひびきぬ
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ


  2.あおげばみ空に きらめくあかぼし
    夜ひるさやかに かがやきわたれり
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ


  3.その星しるべに みたりの博士ら
    メシヤをたずねて はるばる旅しぬ
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ


  4.くすしき光の みちびくまにまに
    博士はまぶねの 主イエスにまみえぬ
    喜びたたえよ 主イエスは生まれぬ

     
     「きょうダビデの町に、あなたがたのために
      救い主がお生まれになった。
      このかたこそ主なるキリストである。」
        ルカによる福音書 2章11節


      12月に入りましたね
      今年もあと一か月 月日の早さを痛感します
      12月といえば師走 忙しいというイメージがありますね
      教会では クリスマスの讃美歌が歌われるようになります
      今回からしばらく クリスマス曲をご紹介しますね
      ご存じの方は どうぞ声を出して歌ってみてください
      きれいなメロディが沢山あります♪

      先週金曜・土曜日は 教会の用事で
      香川県の高松と丸亀に行ってきました
      私が40年ほど前に住んでいた高松
      そして礼拝日に通っていた丸亀教会で
      懐かしい方々にお会いしてきました

      瀬戸大橋が出来てから 高松もずいぶん変わってしまい
      住んでいた町がどこかわからないくらいで
      迷子になりそうでした
      念願の讃岐うどんを食べる機会がなくて残念でしたが
      40年ぶりに再会した T さんと沢山話せて
      心に温かいものをしっかりいただけました
      これからも 離れていてもその交流は続きます
      40年前に T さんに出会わせてくださった神さまに
      心から感謝の嬉しい旅でした♪

e0373488_20020550.jpg
      

# by sdachurch | 2018-12-02 20:03 | 日基讃美歌 | Comments(0)

讃美歌354番


  1.かいぬしわが主よ まよう我らを
    若草の野べに 導きたまえ
    われらを守りて やしないたまえ
    われらは主のもの 主にあがなわる


  2.良き友となりて 常にみちびき
    まよわばたずねて ひき返りませ
    われらの祈りを 受け入れたまえ
    われらは主のもの ただ主にたよる


  3.ゆるしのみちかい 救いのめぐみ
    きよむる力は みな主にぞある
    われらをあがない 命をたまう
    われらは主のもの 主にありて生く


  4.みいつくしみをば われらに満たし
    今よりみむねを なさしめたまえ
    われらをあわれむ み恵みふかし
    われらは主のもの 主をのみ愛す


     「わたしはよい羊飼いである。
      よい羊飼いは、羊のために命を捨てる。
      羊飼いではなく羊が自分のものでもない雇人は、
      おおかみが来るのを見ると、羊を捨てて逃げ去る。
      そして、おおかみは羊を奪い、また追い散らす。」
           ヨハネによる福音書 10章11、12節


      この讃美歌は 私が子どもの頃 父が好きだった曲です
      家庭礼拝で よく歌いました
      父は 仕事をしながらよく歌をうたっていましたが
      歌謡曲などは音がはずれて音痴なのに
      讃美歌は なぜか音がはずれず正確に歌えました
      おかげで 家庭ではアカペラで歌っているのに
      私たち家族は 正しいメロディを覚えることができました(笑)
      讃美歌のもつ力、不思議さを感じていました

      先日 ネットでいつも注文している味噌が届きました
      その会社は福井県にありますが
      同封されたカードに こんな言葉がありました
      「福井県は 今年も幸福度No.1に選ばれました!」
      へえ~、そうなんだ・・・
      でも「幸福度」って 何を基準に感じるのか
      何を基準に選ばれるのかわかりませんが
      福井県に住んでいて 幸せだなって感じる人が
      多いということでしょうか
      もしそうなら 私も一度福井県を訪れてみたいですが
      たぶん 旅行などで感じるのは難しいのかも・・・
      住んでいるからこそ感じる良さなのかも知れませんね
      さて 私の住んでいる山口県はどうでしょうか♪

            ライバルのような存在だったのに
            最近は仲良く近くで熟睡しています♪


e0373488_21190636.jpg

# by sdachurch | 2018-11-28 21:23 | 日基讃美歌 | Comments(0)

じゅうじかの血潮も

  1.十字架の血潮もて われさえあがない
    神の子としたもう 恵みの主をほめん
    ああ主は 十字架にかかりて
    われを救いたもう 恵みの主をほめん


  2.夜ごと日ごとに主の みこころ思えば
    喜び満ちあふれ 恵みの主をほめん
    ああ主は 十字架にかかりて
    われを救いたもう 恵みの主をほめん


  3.主は愛のみ手もて 導きたまえば
    行く手におそれなし 恵みの主をほめん
    ああ主は 十字架にかかりて
    われを救いたもう 恵みの主をほめん

     「主よ、あなたはわが訴えを取りあげて、
      わたしの命をあがなわれました。」
          哀歌 3章58節


       朝晩 かなり冷えるようになりました
       皆さま 風邪を引かれていませんか?
       お身体大切にお過ごしくださいね

       日暮れも早くなり ハッピーの散歩の時間も
       今までより少し早めにしていますが
       それでも ウォーキングの時は手が冷たくて
       手袋をするようになりました
       「小雪」も過ぎて冬が近づいてきましたね

       今日は 友達と一緒に知人を訪ねて
       往復2時間ほどドライブをしました
       車中で沢山の話が出来
       信仰の友と お互いに考えを話しながら
       励まし合い 共有し合い 喜び合えるのは
       とても素晴らしいと感じます

       お互いの情報をシェアしながら
       アイディアを出し 前を向いて頑張れるのは
       多くのお恵みと祝福に感謝できるからこそですね
       「いつも喜んでいなさい」という聖書のことばは
       大きな力になります

       訪問したお宅のご主人は
       ご病気で 奥さまの介護が必要ですが
       気さくに話の輪に入ってくださり
       楽しくお話ができました
       また 帰り際にお祈りさせていただいたところ
       「お祈りがきかれたのか いつもより足が軽くなって
        元気で歩けた!」と喜んでくださったとか・・・
       たぶん お祈りという経験は 初めてだったと思います
       また次回も お祈りで心が一つになれたら嬉しいです
       このご夫妻を これからも神さまが豊かに祝福し
       見守ってくださるように心から願っています♪


e0373488_19324855.jpg

# by sdachurch | 2018-11-25 19:38 | 契約の虹 | Comments(2)

讃美歌48番

  1.しずけきゆうべの しらべによせて
    うたわせたまえ 父なるかみよ


  2.日かげもやすろう ころにしあれば
    父にぞゆだねん きょう蒔きしたねを


  3.日ごとわがなす あいのわざをも
    ひとに知らさず かくしたまえや


  4.鳥はねぐらに ひとは家路に
    かえるゆうべこそ いとしずかなれ


  5.かみよこの世の 旅路おわらば
    わがふるさとに いこわせたまえ


     「人は出てわざにつき、その勤労は夕べに及ぶ。」
          詩編 104篇23節


      日暮れが早くなり あっという間に暗くなります
      今日のような曇り空だと
      午後3時頃には もう蛍光灯にスイッチオンです
      一日の区切りが 日没から日没までとは
      とてもわかりやすいですね
      天地創造の日から ずっと変わらない周期です

      世の中は 年賀状発売にクリスマス商戦
      おせち料理の注文に お歳暮商戦
      特に何もしなくても
      何だか背中を押されているようで
      また この季節がやってきたな・・・って感じです

      そんな 気持ちがせかされるような時に
      このような 静かな夕べの讃美歌を口ずさむと
      なぜか 心が落ち着いて穏やかになって癒されます
      歌は 本当に私たちの心をなごませますね
      この世の中に 歌があることに心から感謝です♪

             ※ 写真の花:洋ラン「ミルトニア」

e0373488_20472888.jpg

# by sdachurch | 2018-11-18 20:48 | 日基讃美歌 | Comments(0)
  1.丘に立てる あらけずりの 
    十字架にかかりて
    救い主は 人のために
    捨てませり いのちを
    十字架にイエスきみ われをあがないたもう
    十字架の悩みは わが罪のためなり


  2.よびと笑い あざけるとも
    十字架はしたわし
    こひつじイエス 神のみこが
    つけられし 木なれば
    十字架にイエスきみ われをあがないたもう
    十字架の悩みは わが罪のためなり


  3.あけにそみし あらけずりの
    十字架はうるわし
    ゆるしあたえ きよくするは
    ただ主の血 あるのみ
    十字架にイエスきみ われをあがないたもう
    十字架の悩みは わが罪のためなり


  4.せめもはじも つらくあらじ
    十字架にかわりて
    たまのかむり うくるときを
    日々待てる わが身は
    十字架にイエスきみ われをあがないたもう
    十字架の悩みは わが罪のためなり

       「彼らはそこで、イエスを十字架につけた。
        イエスをまん中にして、
        ほかのふたりの者を両側に、
        イエスと一緒に十字架につけた。」
          ユハネによる福音書 19章18節


      紅葉が美しくなり 秋が深まってきましたね
      わざわざ「もみじ狩り」に出かけることはないのですが
      近くの公園などの木々がきれいなので
      それを眺めて満足しています^^

      ハッピーも華(はな)ちゃんも コタツが恋しい季節になり
      スイッチを入れておくと いつのまにかもぐり込んで
      なかなか外へ出てきません
      猫の存在を いまだに許していないハッピーですが
      仲良く隣同士で熟睡しています(笑)

      今日は 有志で教会の大掃除をしました
      遅くなると寒くなるので
      最近は たいてい11月のうちに済ませてしまいます
      みんなですれば あっという間に片付いて
      気になっていた 押し入れや引き出しなど
      すっかりきれいになって気持ちがいいです
      皆さま お疲れさまでした♪


             ※ 写真:自宅近くの公園の栴檀の木の紅葉

e0373488_17343710.jpg

e0373488_17344756.jpg

    

# by sdachurch | 2018-11-14 17:37 | 契約の虹 | Comments(2)

讃美歌495番

  1.イエスよこの身を ゆかせたまえ 
    愛のしたたる 十字架さして
    我はほこらん ただ十字架を
    あまついこいに 入るときまで


  2.十字架にすがる よわきわれは
    今ぞ知りぬる ふかきめぐみ
    我はほこらん ただ十字架を
    あまついこいに 入るときまで


  3.十字架のうえに よろこびあり
    たえずみ陰に よらせたまえ
    我はほこらん ただ十字架を
    あまついこいに 入るときまで


  4.かがやく国に のぼる日まで
    十字架のもとに 立ちてぞ待たん
    我はほこらん ただ十字架を
    あまついこいに 入るときまで


     「十字架のことばは、 
      滅びゆく者には愚かであるが、
      救いにあずかるわたしたちには、
      神の力である。」
       コリント人への第一の手紙 1章18節


       ここ数日 気持ちの良い秋晴れが続いています
       紅葉がきれいになり 少しずつ秋の深まりを感じますね
       友だちからお手紙をいただき
       ご自宅で よく青空を眺めると書いてありました
       どこまでも続く青い空を見上げていると
       心が落ち着くようで好きな時間だそうです
       私もちょっと真似をして 
       空見タイムを楽しんでみようかと(笑)

       先月 主人の兄が 突然あっけなく亡くなりました
       今でもまだ信じられません
       主人は特にショックを受けたようです
       残された義姉と子どもたち
       これから 色々な後始末が沢山あり大変です
       でも お互いに助け合って 頑張って生きて欲しい!

       それにしても こんな時 人間の無力さを痛感します
       充実した悔いのない人生を感謝して
       最後に納得して 死を迎える人は
       果たしているのでしょうか
       私は 神さまにすべてをおゆだねして
       いつでも 眠りにつける準備が出来れば・・・と
       願っています♪

        
            種をまいたチシャが よく育ってきました
            新鮮な朝摘みをサラダでいただくのは美味しい!

e0373488_13311342.jpg


            義母が育てていた菊の花
            あるじがいなくても ちゃんと咲いてきました♪

e0373488_13312299.jpg

# by sdachurch | 2018-11-09 13:34 | 日基讃美歌 | Comments(0)

恵みの泉よ

  1.恵みの泉よ わが君イエスよ
    渇けるこの身を うるおしたまえ
    われらの望みを 主イエスにおけば
    平和とよろこび こころに満ちる


  2.いのちの牧者よ わが君イエスよ
    安けくみ国へ 導きたまえ
    さまよう羊を 主イエスはさがし
    み腕にいだきて 受け入れたもう


  3.み国の王なる わが君イエスよ
    とうときみ旨を なさしめたまえ
    日ごとに恵みを 主イエスは与え
    みもとに引き寄せ 憩わせたもう


     「祭りの終わりの大事な日に、イエスは立って、
      叫んで言われた、『だれでもかわく者は、
      わたしのところにきて飲むがよい。
      わたしを信じる者は、聖書に書いてあるとおり、
      その腹から生ける水が川となって流れ出るであろう』。」
           ヨハネによる福音書 7章37,38節


      夕焼けが美しい季節になりましたね
      そして 朝晩はずいぶん寒くなってきました
      秋の深まりを少しずつ体感しています

      先日 いつもの定期便を発行、郵送しました
      今年で9年になりますが こうしたハガキを書いています
      始めたきっかけは 一年に一度の年賀状だけの交わりを
      もっと増やして 心の交流をしたいと思い
      2か月に一度 書くようになりました
      聖書のみことばも含めて 何か心に感じてくだされば・・・
      そんな思いで送るようになったのですが
      今では有難いことに 葉書が届くのを心待ちにしてくださっている
      沢山の方がおられて 本当に感謝です

      葉書やメールでお返事をくださったり
      その都度 電話をかけてくださったり・・・
      温かい思いやりのきずなを感じて
      これからも 出来るかぎり続けようと思っています
      これで私の近況はわかるのですが
      本当は 皆さんの近況を私は知りたい!のも本音です(笑)
      なかなかお会い出来ないかたには
      この定期便が挨拶をしてくれることで
      心がつながっていることに幸せを感じています♪


e0373488_17362164.jpg

# by sdachurch | 2018-10-28 17:40 | 希望の讃美歌 | Comments(0)

讃美歌508番

  1.主よひにひに ましたまえ
    罪をくゆる まごころを
    きよめらるる 身のさちを
    つかえまつる よろこびを


  2.主よ日に日に なしたまえ
    こころみには かつものと
    みこころをば 知るものと
    みことばにぞ 立つものと


  4.主よ日に日に 見せたまえ
    のりとすべき みすがたを
    あまついえに ゆくみちを
    とこしなえの みさかえを

      「肉親の父は、しばらくの間、
       自分の考えに従って訓練を与えるが、
       たましいの父は、わたしたちの益のため、
       そのきよさにあずからせるために、
       そうされるのである。」
           ヘブル人への手紙 12章10節


     最近 こんな本を買いました
     老眼になって小さい文字が見にくくなりました
     メガネはとても便利なのですが
     長くかけ続けていると 目がとても疲れる体質のようで
     できれば使いたくないのですが不便です

     この本は ただぬり絵を楽しむだけではなくて
     視覚を刺激することで脳が活性化する、
     構図が工夫されていて目の筋肉のストレッチになる、
     きれいな絵を見て良いホルモンを分泌させる、
     絵の内容を使って眼トレできる、 などなど
     目が良くなる効果があるとか・・・
     静かに一人で何かをすることが好きな私には
     ちょうど気分転換にもなり
     気持ちを穏やかにする良い方法かもしれません
     しばらく トレーニングしながら楽しんでみようと思います♪

e0373488_16321021.jpg


     柿の季節ですね
     主人は熟柿や干し柿が大好物ですが
     私は「カキッ」と音がするくらい堅いのが好みです(笑)
     福岡産の富有柿が有名ですが
     今の時期にとても美味しい品種は 熊本産の「太秋」(たいしゅう)
     先日も近くのディスカウントショップで安売りしていたので
     沢山買い占めました^^
     堅い甘柿を食べている時が 私の至福のひとときです♪

e0373488_16425740.jpg



# by sdachurch | 2018-10-23 16:44 | 日基讃美歌 | Comments(2)

讃美歌331番

  1.主にのみ十字架を 負わせまつり 
    われ知らずがおに あるべきかは


  2.十字架を負いにし 聖徒たちの
    み国によろこぶ さちやいかに


  3.わが身もいさみて 十字架を負い
    死にいたるまでも 仕えまつらん


  4.この世の禍幸(まがさち) いかにもあれ
    さかえのかむりは 十字架にあり


     「それからイエスは弟子たちに言われた、
      『だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、
       自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい』。」
            マタイによる福音書 16章24節


      青空にススキの穂が揺れて 秋を思わせます
      我が家の木々には ヒヨドリがエサを探して賑やかです
      少しずつ 日暮れが早くなり きれいな夕焼けを楽しんでいます

      何年も前から 人参ジュースを飲んでいます
      以前は ミキサーで作っていたのですが
      今は ジューサーで作っているので 絞りかすができます
      この絞りかす(人参ファイバー)というのですが
      沢山出来るので 色々な料理に利用しています

      我が家だけでは使いきれないので 友だちにも分けています
      Kさんは アイディア抜群の主婦
      お米・人参ファイバー・トマト・塩・オリーブ油を
      炊飯器に入れて 炊き込みご飯にして食べ
      美味しいからと とてもハマっているとか・・・
      私は考えもしませんでしたが 素晴らしい!

      先日は やはりご飯と混ぜて炊いてから 五平餅を作ったといって
      差し入れてくださいました 美味しくいただきました


e0373488_17435166.jpg

      

      我が家も 炒り豆腐や ゴーヤーチャンプルーに混ぜたり
      カレーや餃子に入れています
      私は そのままご飯に乗せたり・・・もOK
      人参は 煮物などにしてもあまり多くは食べられないけれど
      このファイバー状態なら 一度に沢山食べられます
      免疫力UPのために これからも続けたいです♪

      我が家の渋柿 熟しや干し柿で主人が楽しんでいます♪

e0373488_17524981.jpg


      

# by sdachurch | 2018-10-18 17:54 | 日基讃美歌 | Comments(0)

かみのみ子にますイェス

  1.かみのみ子にます イエスのために
    罪を敵として 立つはたれぞ
    すべてをすてて したがいまつらん
    わがすべてにます 王なる主イエスよ


  2.富のたのしみと 地の位に
    目もくれずイエスに つくはたれぞ
    すべてをすてて したがいまつらん
    わがすべてにます 王なる主イエスよ


  3.罪にとらわれし たましいをば
    イエスに連れてきたる 勇士はたれぞ
    すべてをすてて したがいまつらん
    わがすべてにます 王なる主イエスよ


  4.わが持てるものは 主よながもの
    きよきみいくさに もちいたまえ
    すべてをすてて したがいまつらん
    わがすべてにます 王なる主イエスよ


     「だから、わたしの愛し慕っている兄弟たちよ、
      わたしの喜びであり冠である愛する者たちよ。
      このように、主にあって堅く立ちなさい。」
          ピリピ人への手紙 4章1節


      この曲は 皆さんもよくご存じの
      「アニーローリー」という歌のメロディと同じです
      スコットさんという方が作られた曲で
      「 Oh Who'll stand up for Jesus」という歌詞が
      日本語に訳されて広く歌われるようになりました
      皆さんも どうぞこの歌詞で歌ってみてくださいね♪

      きのうは 我が家でフィリピン青年Mさんと
      教会の人を交えて 会食をしました
      M さんは 3年間日本にいる予定だったのですが
      事情があって 1年と3か月で帰国することになり
      最後のお別れをしました

      教会では なかなかゆっくり話すことが出来なかったので
      この日は 食べながら色々な話が出来て良かったです
      カボチャと酸っぱいものが好き!という彼のために
      主人が 沢山料理しました

      まだ24歳という若さ
      帰国したあと どのような道に進むのかわかりませんが
      専門はエンジニアだそうで
      日本で学んだことが少しでも役に立てば・・・と
      願っているそうです
      明るくて誠実で おしゃべり好きなM さんは
      きっとどこへ行っても人気者でしょう
      これからも 神さまに愛される人として
      世界に羽ばたいて欲しいです
      日本を忘れないで また遊びに来てくださいね!

e0373488_12533778.jpg
      


# by sdachurch | 2018-10-11 12:54 | 契約の虹 | Comments(0)

讃美歌535番

  1.今日も送りぬ 主につかえて
    世の日かげ うつれども
    あまついのち 日に日に ちかくぞある
    みむねかしこみ いそしめる身に
    いこいを告ぐる ゆうべの鐘


  2.今日も送りぬ 主につかえて
    みめぐみを 世につたえ
    み名のさかえ かたるは たのしきかな
    みむねかしこみ いそしめる身に
    いこいを告ぐる ゆうべの鐘


  3.いかに幸なる わがつとめや
    なやみにも のぞみあり
    主よみむねに かなわば あすもつくさん
    みむねかしこみ いそしめる身に
    いこいを告ぐる ゆうべの鐘

      「だから、愛する兄弟たちよ。
       堅く立って動かされず、
       いつも全力を注いで主のわざに励みなさい。
       主にあっては、あなたがたの労苦が
       むだになることはないと、
       あなたがたは知っているからである。」
         コリント人への第一の手紙 15章58節


        最近は 朝晩が寒く感じるほど気温が下がってきましたね
        昼間は まだ暑さが残っていますので
        皆さま 風邪などひかれないようにご自愛ください

        加齢の影響か だんだん腕の力が衰えてきたと言う主人ですが
        先月下旬に 中四国アーチェリー大会(徳島)に参加して
        久しぶりに 優勝メダルを持って帰りました
        びっくり!
        以前「中年の星」と言われて有名になった方がおられますが
        主人も まだまだ捨てたもんじゃないかも知れません(笑)
        とりあえず 私の卓球よりは 練習回数が多いです^^
        何でも 試合に参加して優勝するのは嬉しいですよね
        これからも 出来る限り続けて 頑張って欲しいです
        徳島のお土産は スダチでした♪


e0373488_18044290.jpg


e0373488_18042744.jpg
        

# by sdachurch | 2018-10-08 18:08 | 日基讃美歌 | Comments(0)